魅力的な女性になるために

もっといい女になるために、できることは全てやります。

お餅嫌いがお餅を作ったら悲劇が起こった話

おはようございます。

冬の醍醐味といえばこたつでみかん!ですが、

お餅も忘れてはいけませんよね。

きな粉にしたり醤油で食べたりお雑煮に入れたり、、、。

 

保存が効いてこれだけ色々な調理方法があるお餅は大人気だと思います。

 

f:id:shiritagarigirl:20181230112347p:plain


 

 

お餅が嫌いになったワケ

 

しかしわたしは実はお餅が嫌いで、

おしるこのお餅もお雑煮のお餅も小さな一口分にしてもらい、

きな粉や醤油ではめったに食べません。

お餅が嫌いな理由はまず一つ目として、

”いつ飲み込んで良いかわからないから”というのが挙げられます。

咀嚼能力に関しては昔検査したことがあり(それについてはまた今度)、

正常範囲だったので、歯並びの問題でうまく噛めないというわけでも

ないと思うのですが、お餅やこんにゃくゼリーなど

いつになったら飲み込んで良いのかわからない食べ物は嫌いです。

 

よく、年末年始になるとお餅が喉に詰まって窒息という

ニュースを見ますが、わたしも今までたまたま窒息しなかっただけで

次は自分の番じゃないかとヒヤヒヤしています。

 

二つ目の理由として、これは完全にお餅は冤罪なのですが、

昔スライムという緑のもちもちしたおもちゃで寝転んで遊んでいたら

指の間から垂れてきたスライムが髪の毛について取れなくなり、

バッサリ髪の毛を切らないといけなくなった経験があるからです。

それ以来、のび〜るもちもちしたものをみると

なんとなく苦手意識が働いてしまうのです。

 

好きになる努力はしてみました

 

とは言っても、お餅は人気を不動のものにしつつあるため、

このままお餅が嫌いでは取り残されてしまうと思い

美味しくお餅を食べられるように今年は訓練して

好きになろうと一念発起しました。

 

苦手なもちもち感をまずなくすために、

醤油で食べるときはお餅を潰し、2度焼き、3度焼きをして

おせんべいのようにしてから食べました。これが大成功◎

パリパリの中にあるもちっとした部分を美味く感じることができました。

 

そして悲劇が起こった

これならいけるかも。と思い次はきなこもちに挑戦!

もともと、きな粉は大好きなのでたっぷり用意しました。

美味しいお餅のゆで方をネットで調べると

沸騰したお鍋にお餅を入れて蓋をして8分待つだけ!と

書いてあったのでお餅を入れてテレビを見ていました。

すると5分くらい経ったところで盛大に吹きこぼれる音がして

慌てて見にいくとお餅が半分くらいの大きさになって

お鍋の中を漂っていました。

慌ててドロドロのお餅をお箸とおたまで救出し、きな粉の中へ。

予定より半分の大きさになり、ドロドロのお餅を食べました。

醤油ほどの感動はないなと思いながらお餅を食べ、

ゆっくりテレビを見ていましたが、本当の悲劇はここからだったのです。

 

しばらく経ってから洗い物をしようとキッチンにいくと

お鍋、お箸、おたまとお餅を作るのに尽力してくれた三銃士が

お餅にまみれた姿でそこにいました。

 

お鍋の底には溶けてしまった残り半分のお餅が沈んでおり、

お箸とおたまにはお餅がこびりついていました。

慌てて洗ったものの、固まったお餅は易々と剥がれず

お箸の先端はお餅でガードされ2倍の大きさになっていました。

もしや、と思いお皿を回収しましたがときすでに遅し。

お皿にもしっかりお餅の軌跡が残っていました。

 

最後に

 

初めてのお餅でこんな目に合うとは思いませんでしたし、

何より第一線で活躍してくれていた調理器具がやられたことに

ショックを隠せないでいます。

後からよくよく調べたら、お湯が沸騰したら火を消してから

お餅を入れるみたいです。せっかくレシピを教えてくれた方にも

上手に活用することができず、申し訳なく思っています。

 

せっかくお餅との距離を縮めようと思いましたが、

今回は失敗に終わりました。

お餅にやられた調理器具を復活させる方法をご存知の方がいましたら

ぜひ教えていただけると嬉しいです。

 

ここまでお読みいただきありがとうございました🐶