魅力的な女性になるために

もっといい女になるために、できることは全てやります。

クリスマスは幸せなのに”クリスマス・イブ”は切なく感じる理由を考えてみる

メリークリスマス!

ついに今日はクリスマス・イブですがどのようにお過ごしですか?

 

 

わたしはお家で仕事をしています。

基本的に寒いのが苦手で人混みが好きではないので

今日は出歩かなくてもいいように

前もって食材を買っておきました。

 

 

 

クリスマスにはローストビーフを

明日がクリスマス当日なので、

明日の夜に食べるローストビーフが今夜届きます。

それを1日かけて冷蔵庫でゆっくり解凍するのです。楽しみ!!!

 

今年はプレゼントとローストビーフに予算を持ってかれてしまったので

ケーキはスポンジを買って来てデコレーションします。

苺は奮発してあまおうにしました。🍓うふ。

 

ちなみに今年もサンタさんがきてくれました!

とっておきのプレゼントを持って早めにきてくれた

あわてんぼうのサンタだったので、その様子はまた違う記事でゆっくり書きますね。

 

”クリスマス・イブ”はなぜ切ないのか?

さて、前置きが長くなりましたが、

今回はなぜ、わたしたち日本人はクリスマス・イブという言葉に

切なさを感じるのかを考えていきたいと思います。

 

一番大きな理由として考えられるのはやっぱり、

山下達郎さんの名曲『クリスマス・イブ』のイメージですよね。

 

”きっと君はこない 一人きりのクリスマス・イブ”

という歌詞は知らない人がいないくらい有名です。

クリスマスの訪れを知らせる定番ソングとも言えるこの曲は

男性が寒空の下女性を待ち焦がれている情景が的確に表現されており、

切なさを助長します。

 

”心深く 秘めた想い 叶えられそうもない”

”必ず今夜なら 言えそうな気がした”

というフレーズから分かるように、

この男性は告白なのか、よりを戻したいのか解釈が分かれますが

とにかく女性に大事なことを伝えようとしています。

しかし相手は待ち合わせ場所に現れず、想いを伝えることができないという歌詞です。

今のように携帯電話がないときなので

相手の気持ちもわからないまま、来ないと思っていても

待ち続けてしまうというまさに切なさの代名詞です。

 

 

仕事や事情がある人が、クリスマス・イブという前夜祭があることによって

恋人とクリスマス当日に会えない切なさをより一層感じてしまうということも

切なさを感じる理由として挙げられるのではないでしょうか。

 

何事も準備してわくわくしている時間が一番楽しく、

始まってしまえばあっという間に過ぎていくように

クリスマスという一大イベントはイブから大切になってきます。

だから余計、当日よりも思い入れが強くなってしまうのかもしれませんね。

 

片想いをしている人とクリスマスを過ごしたい、というのは

誰もが一度は考えることだと思いますが、

イブとクリスマスには高い高い壁があります。

付き合ってない人と過ごしたり、仲良い友達とパーティーしたり、

イブならOKという人が多いです。好きな人と

クリスマスには過ごせないけれどせめてイブに、という

今日は片想いの人の想いが詰まった日でもあるのです。

 

5年前の今日は『FINAL FANTASY X HD Remaster』の発売を記念して

「私たちはいつか必ず、一番大切な人と、別れる運命にある」というテーマで

フォトイベントが開催されていたみたいです。

1年で最も幸せなはずの時期に抗うことができない

別れを考えさせるメッセージを提示することで

周りの人の大切さを再確認してほしいという「FF X」の世界観をアピールした

イベントでしたが、”史上最も切ないイベント”と話題になったようです。

切なすぎますね💦

 

f:id:shiritagarigirl:20181224165558p:plain

考察を終えて

去年過ごした大切な相手と今年も過ごせている人は

当たり前だと思わず大切にしてください。

その人を失ったクリスマスは味気ないものになりますが

その前日のイブはもっと悲しいものになるでしょう。

 

イブが切なく感じる理由についてあれこれ考えてみましたが

いかがだったでしょうか。

 

いろんな人の想いが1年で最も交錯する日、

それがクリスマス・イブかもしれません。

素敵なクリスマスをお過ごしください☆○o。..:*ヽ(・ω・ヽ)💕

 

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。