魅力的な女性になるために

もっといい女になるために、できることは全てやります。

コットンってたくさんあるけどどう違うの?使い比べてみました

こんばんは。今日は新しくコットンを買ったので今使っているものと

使い比べてみました。

 

f:id:shiritagarigirl:20181204225036j:plain

〈シルコット うるうるコットン〉

写真下の化粧水が1/2で潤うというこのコットン。2枚構造になっていて、カーブが目元にぴったりフィットしパッティング後にパックにも使えます。実際に使ってみると化粧水の浸透がよく、パッティングすると普段のコットンとの違いがわかります😆

ただ、コットンのイメージであるふわふわした感じはないので拭き取りよりもパッティング用ってかんじです🙋🏼‍♀️💡また、マニキュアを落とすなど本来のコットンとしては使いにくいかもです💦

〈シルコット 拭き取りコットン〉

これは写真左のコットンで従来のものよりも毛羽立ちが少なく、拭き取りに適したコットンになっています。使ってみた感じも繊維残りしません。青色のものに比べて化粧水の保有量が少ないのが難点ですが、拭き取ったあとにさらさらに仕上がるのがお気に入りです💕メイクをしっかり落としたと思っていても拭き取った後にコットンを見るとファンデーションが残ってたりするので、ぜひ毛穴の詰まりが気になる方やファンデを濃い目につける方にはこれを使ってしっかりとマイクを落としていただきたいです!

 

〈CS-being〉

薬局でお安く売っているコットンです。これだけ入って200円以下なのでコスパはダントツ👆🏻ただ、他の2つと比べるとどうしても薄く毛羽立ちもあるので、わたしはスキンケア用ではなく、眉毛のブリーチやマニキュアを落とすときに使ってます!

 

今日は3種類のコットンを紹介しましたが、シルコットは特徴があるのでその分用途が限られる気がします。お値段もちょっと高めなので、スキンケア用とそれ以外を分けて使うのがいいですね🤗🤗🤗